ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 最終回「真犯人は〇〇〇〇だった」。

2019年6月22日

卒業式まであと1日。ついに本当の最終章か!?

一颯の真の目的、そして真犯人は明らかになるのか?

撃たれた一颯の運命やいかに、、、

黒幕はさくらだったのか?

生徒たちは無事解放されるのか!?

 

疑問しかないドラマ「3年A組」ついに最終話!

最後まで緊張感漂う展開から目が離せない!

↓ ↓ ↓

◎全話のあらすじを一気に見たい方はこちらをどうぞ!!

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 1話「景山澪奈の自殺の真相を考えろ。」

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 2話「やり逃げXは誰だ!」。

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 3話「フェイク動画を撮影した犯人を探し出せ」。

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 4話「本当の黒幕は誰なんだ、、、」。

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 5話「一颯の目的は一体、、、真犯人は教師の中に!?」。

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 6話「フェイク動画を依頼した犯人は名乗り出ろ」。

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 7話「犯人は武智先生!?20時までにすべての罪を告白しろ。」。

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 8話「これからが本番?課題は自習」。

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 9話「一颯の真の目的と、最後の要求とは!?」。

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 最終回「真犯人は〇〇〇〇だった」。

ドラマ「3年A組」あらすじ、ネタバレ感想 Hulu限定!オリジナルストーリー「今から、皆さんだけの卒業式です」。

 

<スポンサードリンク>

ドラマ「3年A組」最終話。

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。とある街角、とある店の中、 とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。

そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。

本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。 一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。 彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。

これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。 3年A組が迎える運命の十日目。是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

 

<スポンサードリンク>

ドラマ「3年A組」最終回を実際に観てみた、ネタバレ感想。最終回の犯人は「○○○○」。

最終回は本当に心に刺さるものでした。

今までの9話までの全ては、

これが伝えたかったんだと、気付かされます。

 

本当に、”今”を生きる全ての人に

見てほしいと感じるドラマでした。

そして、その”伝えたいこと”

を必死で伝えようとする

真犯人に当てた一颯の最後の授業。

 

主演の菅田将暉さんの迫真の演技に、心を打たれます。

そして、一颯がここまでして事件を起こしたのは

ある生徒のためでもありました。

 

これから先、景山澪奈の自殺の事件を背負い、

前に進まなかったかもしれない生徒。

その生徒を卒業までに

前に進めるようにしてあげる。

 

そんな、教師としての強い思いが

この事件を起こしたのだと、納得します。

 

ここまで出来る先生は、

世界中探してもなかなかいないのではないでしょうか?

 

真犯人が誰だった?どの生徒のためにこんな事件を?

是非ご自身の目で確かめて頂きたいです。

こういうことだったのか!

今までの疑問が全て逸れるドラマ「3年A組」最終話でした。

 

<スポンサードリンク>

ドラマ「3年A組」最終回の評判は?

ドラマ「3年A組」ついに、全話終了してしまいました。

こんなに常に緊張感があり、メッセージ性のあるドラマは

私の記憶にある限り初めてかもしれません。

 

全体を通して伝えたいこと。

現代社会の抱えている問題を、

全体を通して深く考えさせられました。

 

ドラマですので、全ての回の中で

もちろん伝えたいことがたくさん詰まっている回もあるのですが、

やはり1話から見て、全ての話を通した上での

その伝えたいメッセージがあるので、

是非最初から最後までしっかり見てほしい作品です。

 

周りの人に是非勧めたいドラマです。

 

そんなこのドラマ「3年A組」

やはり、色々な人の心に刺さったドラマだったようで、

数々の賞を受賞しています。

 

「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で脚本賞を受賞!

オリコンによるエンタテインメントビジネス誌

「コンフィデンス」が主催し、

有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する

「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」

 

2019年1月期(第15回)の結果.

「脚本賞」は、このドラマ「3年A組」

を描いた武藤将吾氏が受賞したそうです。

 

ドラマアカデミー賞で5冠達成!

1994年に創設された

「週刊ザテレビジョン」で毎年4回、

クール毎に開催される「ドラマアカデミー賞」では

記念すべき第100回目で、

 

このドラマ「3年A組」が

最優秀作品賞に輝いたうえに、主演男優賞(菅田将暉さん)、

助演女優賞(永野芽郁さん)、

脚本賞(武藤将吾さん)、

監督賞(小室直子さん、鈴木優馬さん、水野格さん)

がそれぞれ獲得し、なんと五冠を達成しています。

 

この賞は、国内の地上波連続ドラマの中から、

読者、審査員、TV記者の投票によって

部門別のナンバー1を決定するというものだそうですよ。

 

本当にたくさんの人が

このドラマを”素晴らしい!”と思ったことを

象徴するような賞だと思います。

 

第56回ギャラクシー賞、テレビ部門・個人賞で菅田将暉が受賞!

さらに、放送批評懇談会が日本の放送文化の質的な向上を願い、

優秀番組・個人・団体を顕彰する”ギャラクシー賞”という賞があり、

「第56回ギャラクシー賞」

テレビ部門の個人賞

今回主演の菅田将暉さんが獲得したそうです。

 

今回のドラマ「3年A組」での演技、

そして金曜ナイトドラマ「dele」や

「菅田将暉TV」での演技が評価されて、

受賞に至ったそうですよ。

 

数々の賞を受賞したドラマ

「3年A組-今から皆さんは人質です-」

受賞した賞からもわかるように、

脚本、監督、そして演じている方たち、

全てが素晴らしい作品です。

 

見たらきっと、大切なことに気付かされます。

見始めたら、続きが気になって止まらなくなります。

まだ見ていない方、損していますよ!

是非1話から最終話まで見てくださいね!

Follow me!