【バキ】烈海王が異世界転生で復活!?|異世界ブームに衝撃の拳がぶち込まれた!!

2020年11月16日

男性で漫画を読んでいる人なら「グラップラー刃牙(バキ)」という格闘漫画をご存知の方も少なくはないと思います。

私も一通り読んで好きな作品の一つではあるのですが、最近衝撃を受けたことがありました。

それは、そのバキの中でも名キャラクター「烈海王」が異世界転生する外伝の連載がスタートしたとのこと!!

 

これはバキを知っている人なら、誰もが衝撃を受けるディープインパクトであり、

ライトノベルが漫画化・アニメ化している流行りの中、明らかに異質な存在そのもの。

あまりにも衝撃的なコンセプトに惹かれ、初めて月刊チャンピオンをわざわざ買ってしまったほどですw

 

今回の記事ではそんな異世界ブームに衝撃を与える名作(迷作?)、

「バキ外伝〜烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ!」

こちらの作品を実際に読んでみた感想やtwitterでの口コミをシェアしたいと思います。

 

<スポンサードリンク>

【バキ】烈海王とはどんなキャラクター?

香港出身。色黒で髪を辮髪に編んだ中国人。

中国武術界における高位の称号「海王」(洋王の上で、最高位である海皇の下)を受け継ぐ中国拳法の達人である。

その海王の中でも群を抜いて優秀な人物であり、修行した黒竜江省の白林寺では「魔拳」と呼ばれている。

アニメ版オリジナルシナリオでは、海王認定は怒李庵(ドリアン)海王の推薦となっている。

身長176センチと、劇中に登場する格闘家と比べ特に大きな体格ではないが、

愚地克巳が初めて烈の体を見た時、「どう造ったのか」と関心を寄せるほどの肉体の持ち主。

己の拳足のみを用いて、巨大な黒曜石を直径約2mものほぼ真球にしてしまうほか、200坦(約1,8トン)の釣鐘を叩き壊すほどの功夫を持つ。

劇中の登場人物の中でも、自己鍛錬や強敵との戦いに対する執念の度合いは屈指のレベルを有し、

傍目には無謀な挑戦を持ちかけられても

「わたしは一向に構わん!」と全てを受け入れる。

 

中国拳法の歴史に大きな誇りを持ち、当初は傲慢な態度でほかの格闘家を見下していたが、

刃牙に敗れて以降は態度を改め温和な性格になった。

自分が認めた相手には礼をもって尽くし、範馬刃牙や愚地克巳とは友情を育む。

ただし、中国拳法への絶対的な矜持や、思ったことは躊躇わず主張するなど根の激しさは変わっておらず、

自我が勝って空気を読まない言動も多々見られ、相手の逆鱗に触れることが多い。

その反面、感謝されると照れたり満面の笑みを浮かべたりし、

怒らせた相手にも非を認めればあっさりと頭を垂れる一面も見せている。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%83%88%E6%B5%B7%E7%8E%8B

 

この「一向に構わん!」という力強い言葉に、

烈海王という人物像が全て込められていると言っても過言ではありません。

そしてその言葉を用いたサブタイトル、

「烈海王は異世界転生しても一向に構わんッッ!」

というネーミングセンスは本当に絶妙!!

 

多くの方々がこのタイトルの衝撃的なネーミングセンスに心を奪われ、

わざわざ月刊チャンピオンを初めて買ってでも読んでしまった方も少なくありません。

というのも、私もその1人だったからですw

↓ ↓ ↓

<口コミで話題沸騰中!>

>>タップして今すぐ読んでみる!<<

 

烈海王のその他の名言、まとめ。

 

<スポンサードリンク>

【バキ】烈海王の異世界物語が生まれたキッカケ。

最初のキッカケは秋田書店の公式オンラインストアを盛り上げる、漫画の1コマの妄想ネタ。

私が今回、バキの烈海王が異世界転生するということを、こちらの記事がたまたまYAHOOで紹介されたのを発見して初めて知り、衝撃を受けました。

「え!?あの烈海王が異世界転生!!?」

笑いがこみ上げてしょうがありませんでした(爆笑)

 

どうやらことの発端は、秋田書店の公式オンラインストアを盛り上げるための企画で、

書いた漫画の1コマがバズったそうです。

それが妄想で書いた「烈海王が異世界転生する」というネタ、とのこと。

そのバズった反応から、これを企画にしようと本気で取り掛かる様になったそうです。

 

原作者の板垣先生は非公認のまま見切り発車!?

(月刊チャンピオンの1ページ目。板垣先生への謝罪から始まりますw)

ここも衝撃的な展開ですが、

なんと板垣先生には許可を取らずに雑誌が出来上がった当日にゲリラ的に事後報告という形で初めて伝えたそうです(笑)

「え!嘘でしょ!?www」

担当の方もかなり冷や汗だったそうですが、編集長の圧力に押されて決行してしまったそうです^^;

 

板垣先生も異世界ブームのことなどよく分かっていない様子ですが、反応は悪くはないそうです。

このまま押し切って先生公認とアニメ化を狙っている担当サイド。

 

ここまで強引に企画をスタートさせたい「烈海王の異世界物語」とは!?

次に実際に月刊チャンピオンを読んだ、あらすじのネタバレをシェアいたします。

↓ ↓ ↓

<口コミで話題沸騰中!>

>>タップして今すぐ読んでみる!<<

 

<スポンサードリンク>

【バキ】烈海王の異世界物語のあらすじ(ネタバレ含む)

第1話「烈、転生!」

烈海王が目覚めると、そこは見たこともない風景だった。

同じ黒髪の人間は歩いておらず、金髪・赤髪・茶髪・・。

それにもまして気になるのは、まるでもののけの様な風貌の男たちや中世ヨーロッパの様な雰囲気。

これは仮装・・??

「一体ここはどこだ・・??」

 

しばらく歩いていると、この世界に目覚める前の記憶が蘇ってくる。

そう、自分は確かに剣豪・宮本武蔵に斬られてしまい、致命傷を負っていた・・。

「これは夢なのか・・それとも、冥府・・!?」

 

困惑する烈海王に突如として後ろから気配がする!

とっさに反応した列は、強烈な一撃のカウンターを即座に放つ!

 

第2話「烈師範」

それは寸止めだったものの、列の強烈な一撃は風圧だけで相手は鼻血が!?

 

なんとその相手は、同じく現実世界から異世界転生した、空手団体「神心会」に所属する空手家であった!

男は地下トーナメントで対決した師と崇める克巳師範を一撃で圧倒した烈に対し、心の底からその強さに尊敬の念を抱いていた。

ある時、烈が倒した死刑囚を病院に連れて行くために川を渡る達人技を垣間見た際、

「自分も力になれれば!」

と駆けつけようとした所で、まさかの交通事故!

そして気がつけば異世界転生していた・・。

 

そんな矢先、目の前のふらつく男に声をかけたら突如カウンターを喰らった!?

と思ったら、その相手は心から尊敬してやまない烈海王!!?

「神心会門下生!ナカムラシンジです!押忍!!」

男は泣いた。これを運命と言わずとして、何という?

 

第3話「リザードマン」

酒場でナカムラからこの世界の話を聞いて、異世界転生という聞き慣れない言葉を耳にする烈。

「もう元の世界には帰れないのか・・?」

そんな矢先、ワニの外見の大柄の男、リザードマンが酒場に登場!

 

「いつものやつをくれ!」

そう言われた店主が用意したのは一見するとニワトリの様な生き物。

しかしナカムラはそれを特定危険幻獣「コカトリス」と警戒する。

 

コカトリスの邪眼(イビルアイ)には睨まれるだけで人によっては死に至らせる力があり、

さらにその血に触れるだけで相手の皮膚を溶かす猛毒。

そんな危険極まりないコカトリスを他愛もなく首をちぎってしまい、

その首から大量の血を飲み干してしまうリザードマン!

 

「あいつ・・あのコカトリスを・・。」

絶句するナカムラ。

そして何を思ったのか、その血を舐めた烈は顔をこわばらせ、

「麻辣味・・」

と、猛毒を四川料理の激辛に例える。さすが中国拳法の達人!!

(というかもはや人間の域を超えている烈)

 

そんなリザードマンに興味を示す烈。

かつて戦ったことのある原始人ピクルと同等の骨格・強さを持っているのでは?

「死合いしたい(戦ってみたい)・・」

 

リザードマンはガンつけている烈に因縁をつけ、

それを烈は一笑して逆に挑発する始末。

 

いよいよ次回4話で異世界転生、デビュー戦が始まるのか!?

↓ ↓ ↓

<口コミで話題沸騰中!>

>>タップして今すぐ読んでみる!<<

 

【バキ】烈海王の異世界物語のtwitter口コミ。

 

【バキ】烈海王の異世界物語を読んだ感想。

とにかく烈海王が異世界に紛れ込んだ、という描写そのものが面白くてしょうがありませんでしたw

困惑する烈が「まさか冥府か・・」と本当に困ったところから、

一転してカウンターでナカムラを風圧で鼻血を出させるシーンなど、異世界でもやはり烈は烈。

 

作画の陸井先生も板垣先生の画風に似た感じで、うまく刃牙らしさが描かれていて申し分ありません。

むしろ刃牙の面白さは、その絵のクオリティとストーリー展開のギャップがもはやギャグ!?

と言われんばかりのコントラストこそが魅力の一つですので、

やはり烈の異世界物語も漫画を読んでこそ味わえる良さだと思います。

 

早速ですが、周りのバキ好きに宣伝しまくっていて、月刊チャンピオンを貸しまくっています(笑)

1人、また1人と烈の異世界物語にハマる人が続出していて、その話をするとみんな爆笑です^^

 

個人的にはこの1〜3話のつかみはOKですので、あとは4話以降のリザードマンとの戦いがどうなっているのか?

また、その他の異世界の仲間たちとどの様に出会い、どうストーリーが進んでいくのか?

 

個人的には烈に中世のアイテムを装備させた、異世界ならではの戦闘シーンに期待しています!!

 

面白いそう!と思ったら、ぜひあなたも烈の異世界物語、読んでみてくださいね!!

本当にオススメです!!

↓ ↓ ↓

<口コミで話題沸騰中!>

>>タップして今すぐ読んでみる!<<

 

Follow me!

漫画

Posted by masa