【リゼロ】エミリア、スバルとの恋の行方は?パックはなぜ出ない?そして隠された過去とは!?

リゼロのアニメ2期(第4章)後半、

いよいよ2021年1月にスタート!

 

アニメ2期前半では、

エミリアはエキドナの第1の試練にチャレンジするものの、

過去の大トラウマと向き合い大苦戦し、

闇落ちするバッドエンディングも・・。

 

しかしそもそも、

なぜそんなエミリアのピンチにパックが出てこなくなったのでしょうか?

パックが不在の精神不安定でスバルへの距離が急接近!?

スバルとの恋の行方は・・??

 

また「エミリア=サテラ説」についても、

小説25巻で第6章が完結した、

最新エピソードより最新情報をシェアいたします!

エミリアについて気になる方、どうぞご覧ください☆

 

<スポンサードリンク>
****************

【無料】アニメや映画、原作も気になる

****************

***************

Contents

【リゼロ】エミリアのプロフィールと声優さんについて。

 

エミリアの年齢は3つの年齢の違いがある!?

<アニメ1〜2期の時点>

○実年齢:約107歳。

○外見年齢:18歳。

○精神年齢:14歳。

※その詳細に関してはアニメ2期後半のストーリーで詳しく明かされます。

 

担当の声優は「高橋李依」さん

81プロデュース所属の声優さんで、数々の声優さんの新人賞を受賞しています。

 

主な出演作

・Re:ゼロから始める異世界生活(エミリア)
・この素晴らしい世界に祝福を!(めぐみん)
・魔法つかいプリキュア!(朝日奈みらい / キュアミラクル)
・ナイツ&マジック(エルネスティ・エチェバルリア)
・AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-(万世架まとめ)
・がっこうぐらし!(直樹美紀)
・それが声優!(一ノ瀬双葉 / コロリ)
・コメット・ルシファー(カオン・ランチェスター)
・アニメガタリズ(小幡唯)
・Fate/Grand Order -First Order-(マシュ・キリエライト)

出典:https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5035

 

アニメ1期最終話で、「嫉妬の魔女」サテラの声も高橋李依さん!?

これはアニメ1期25話(最終話)で、

魔女教の大罪司教「ペテルギウス」に対してスバルが取った手段の時のこと。

 

ペテルギウスが憑依した際に、あえて死に戻りを口外するというペナルティをとり、

精神世界にお仕置きにきた嫉妬の魔女を呼び寄せ、

ペテルギウスに身代わりになってもらう作戦。

 

「違う。彼じゃない。」

その一言で一蹴し、ペテルギウスは長年懇願していた魔女様と対面できたにも関わらず、

無下にあしらわれた事に嫉妬の魔女に激怒します!

 

ここでネットでは

「サテラ=エミリア」説が浮上しました。

一体、その真相はどうなのでしょうか!?

(この記事の後半について詳しく解説しています。)

 

<スポンサードリンク>

【リゼロ】エミリアとスバルの恋の行方は?

スバルとエミリアの初めての出会いはアニメ1期1話。

スバルが異世界転生した直後のルグニカ王国の王都でのこと。

 

何度も死に戻りしているスバルにとっては、

エミリアは恩人であり放って置けないヒロインでもあります。

しかしエミリアにとっては、助けたパラレルを経験していないため、

なぜか見ず知らずのスバルに一生懸命助けられる、

謎の人というポジション。

 

ただの他人であるスバルですが、奪われた徽章を命懸けで取り戻してくれた恩もあり、

ロズワール邸に一緒に連れて帰還することに。

 

それからと言うものの、スバルの猛アタックで少しずつ心の距離感が縮まっていき、

アニメ1期25話(最終話)では魔女教を退けた後もあってか、かなりいいムードにもなります。

 

しかし中々その関係性は、レムの記憶が奪われたこともあってかシリアスな雰囲気もあり、

一歩先には行けないまま、ズルズル進んでいくことに。

 

アニメ2期後半、ついにエミリアとスバルがキス!?

これはアニメ2期後半の名シーンになると思いますし、

めちゃくちゃ盛り上がるのではないでしょうか?

ここから一気に友達以上、恋人未満から恋人レベルに昇格した様な気もします^^

 

実はアニメ2期後半のその他の見所として、

エミリアのお父さん役の精霊パックからも、

スバルにエミリアのことを託された経緯のストーリーが描かれています☆

 

しかし、そもそもなぜパックはアニメ2期(第4章)からエミリアの前に現れなくなったのでしょうか?

 

<スポンサードリンク>

【リゼロ】エミリアとパックの関係性とは?アニメ2期から表に出なくなった理由とは?

お父さん代わりの精霊パックの正体は、

ベアトリスと同じ様にエキドナに作られた人工精霊の1人です。

契約からか、ずっとエミリアを探して求めていました。

 

映画「氷結の絆」で、ついに氷漬けになったエミリアを見つける。

映画「氷結の絆」はアニメ1話の前のお話。

パックがエミリアを探し当て、

その絆を深めていく感動ストーリーです。

 

映画のラストでは、火の大精霊メラクェラとの死闘の最中、

エミリアとパックは正式に契約を結び、メラクェラを倒すことに成功!

ここから精霊使いと精霊としての、2人の氷結の絆が固く結ばれることとなりました。

 

映画「Memory Snow」では、映画「氷結の絆」の後日談が少し触れられる。

映画「Memory Snow」はアニメ1期、11~12話の間、

第2章と第3章の間のストーリーを映画化した内容です。

 

大精霊であるパックは定期的に魔力を一定以上消費しないと、

徐々に体内に魔力が詰まってしまうため、我慢できずに放出してロズワール邸が一気に雪景色に!?

第2章の困難をクリアして信頼を獲得したスバルは、

ロズワール邸、アーラム村の住人を巻き込んで雪まつりを開催!

 

そんなストーリーの話の中で、

映画「氷結の絆」とアニメ1話の間の話が少しだけ触れられます。

 

それは王選候補としてエミリアを見つけたロズワールが、

突然エミリアとパックの前に現れ、

激怒したパックと死闘を繰り広げた、というもの。

地形が変わるくらいの死闘だった、と語られていますw

 

ロズワールの説得の末、王選候補としてロズワール邸へ。

結果的にはパックとの死闘のあと、ロズワールの説得の末、

エミリアはロズワールに迎えられ、王様候補として今のポジションに就くこととなりました。

(その際に、パックはベアトリスとロズワール邸で再開します。)

そしてその後、アニメ1話でスバルと運命的な出会いを果たします。

 

エミリアが死ぬと、世界を滅ぼす「終焉の獣」と化し、真の姿に。

アニメ1期の12〜25話(第3章)では、

バッドエンディングの一つとして、

何度かエミリアが死亡します。

 

その際、契約によりパックが終焉の獣として真の姿を現し、

世界を氷漬けにする魔獣としてロズワール邸や魔女教もろとも全てを滅ぼします。

(エキドナの第2の試練でラインハルトが真・パックを倒す、ifルートが描かれています)

 

そもそもパックはエキドナとどんな契約があったのか?

どんな使命を託されていたのか?

 

小説25巻で第6章が完結してもいまだ謎のまま。

 

アニメ2期(第4章)以降に姿が出なくなったのは、実はエミリアの自作自演!?

あれほど「パック!パック!」とかけがえのない存在のはずなのに、

エミリアの窮地に現れなかった理由が、

アニメ2期後半で明らかに。

 

実は真の過去を知っているパックが表に出ることを恐れている、

エミリアの潜在意識がそうさせている、とのこと。

(アニメ2期後半のあるタイミングで再登場し、真相を語ります)

 

それではエミリアの真実の過去とは一体どんな過去だったのでしょうか?

 

【リゼロ】エミリアの過去とは?(アニメ2期後半以降のストーリー)

アニメ2期(4章)でのエキドナの第1の試練、

「――まずは己の過去と向き合え」

しかし大苦戦のエミリアは、一発クリアのスバルと違って何度も失敗に終わっています。

 

その苦戦の原因は、過去のトラウマと向き合うというもの。

そもそもエミリアの過去とはどんなものなのでしょうか?

 

エミリアの過去「エリオールの森が氷漬けになる前のエルフの村」

これはアニメ2期後半のストーリーですが、

それはまだ氷漬けになっていない、過去のエルフ達の集落。

その中に幼少期のエミリアはエルフ達に大切にされながら暮らしていた記憶が残っています。

しかしエミリアはここである罪を犯し、みんなから忌み嫌われる存在へ。

 

あれほど大切にされていたみんなからの罪の重さに耐えきれず、

罪を受け入れ許しを乞い続けているエミリア。

ところがそれでも第1の試練はクリアできません・・。

 

過去の現実を受け入れる覚悟はできているはずなのに、何が間違っているのでしょうか?

 

エミリアの闇落ちシーンは、アニメ36話「死の味」。

これはアニメ36話「死の味」でのこと。

ロズワール邸でエルザ&メイリィの襲撃でベアトリスが殺され、スバルも片目を損傷。

持っていた輝石で聖域に転送されると、辺り一面が大雪に!?

 

その犯人としてエミリアが濡れ衣を着せられ、聖域の住人全員から総攻撃を受け、

メンタルダメージが一線を越えておかしくなってしまいました・・。

この36話はかなりのバッドエンディングの一つ。

みんなが壊れていく描写は、正直鳥肌ものです。

 

かなり痛々しいエミリアがよく描かれていました^^;

 

エミリアの本当の過去。記憶の封印が解けていく。

これもアニメ2期後半のストーリーとなります。

あることがキッカケで、徐々にエミリアの過去の記憶の封印が解け始め、

真実の過去の記憶が少しずつ思い出していきます。

 

エミリアの過去に叔母のフォルトとジュース登場!

記憶が蘇り始めたタイミングで、再び第1の試練へ再チャレンジ!

今回はエキドナも一緒に登場するシーンが描かれます。

 

エキドナの試練は彼女の魔法によって、本人が認識していない過去も垣間見れるもの。

それによると氷漬けになる前のエリオールの森では、

叔母の「フォルトナ」に大切に育てられている小さなエミリアが登場します。

 

そしてなんと!

「ジュース」と呼ばれる黒衣の男達が定期的に交流をしていました!

(ベアトリスが言うジュースと同一人物)

どうやら魔女教の様ですが、

その中でも穏健派と呼ばれる極めてまともなメンタルの人達。

 

エミリアはとある理由からジュース達が来訪する際は隠されていて、

それをジュース達は承知している様子。

しかしエミリアがこっそり村から抜け出してジュースと出会うと、

感動のあまり号泣するジュース。

 

やはりエミリアは魔女そのものか、その関係者なのでしょうか?

 

虚飾の魔女パンドラと大罪司教レグルスの襲撃!

 

そんな平和なエリオールの森に、突如魔女教の別部隊が襲撃!

虚飾の魔女パンドラと大罪司教レグルスの2人が現れます!

 

これには穏健派のジュースもビックリし、フォルトナとエミリアを守るために死闘へ。

狙いはエリオールの森に隠された「封印」

 

エミリアの正体とは?魔女教が狙う封印のキーでもあり、森を凍らせた張本人だった!?

最終的にパンドラは封印の前に辿り着き、そのキーであるエミリアを見つけ、

言葉巧みに封印を解除させようとします。

 

しかし結果的に幼いエミリアが逆上して潜在能力を解放!

パンドラを圧倒する絶対的な魔力を持って一時的に撃退!

その代償としてエミリアを含めたエリオールの森全体が100年以上氷漬けになることに。

そう、エミリアこそ森を氷漬けにした張本人だったのです。

 

エミリアの正体とは一体・・!?

やはり嫉妬の魔女サテラ本人なのか、その血を引く娘なのでしょうか!!?

 

【リゼロ】「エミリア=サテラ」説の真相は!?

【疑惑その1】アニメ1期(第1章)1話でエミリアはスバルに、「サテラ」と偽名を名乗る。

スバルが異世界召喚された直後、フェルトに徽章を盗まれて追っている最中、

ゴロツキ3人組にからまれているスバルを助けるエミリア。

その後、一緒に探してくれたスバルに対して、

なぜか嫉妬の魔女「サテラ」と同じ名前を名乗ります。

 

偽名を名乗るにも縁起でもない、とパックは隣でビックリします。

しかしそれはエミリアなりのスバルへの優しさであり、

この世界で忌み嫌われている象徴の名前を語る女と一緒にいることで、

王選がらみのいざこざにスバルを巻き込まないための配慮でもありました。

 

初めての死に戻りでリセットして、2周目でエミリアと再開した際、

このループではエミリアはサテラと名乗っていません。

そのため「サテラ〜!!」と叫んだスバルを睨みます。

 

そのため、エミリアは自覚している範囲ではサテラと同一人物ではない、と言えます。

外見が全く同じなので、むしろ本人は迷惑な様ですし・・。

 

【疑惑その2】アニメ(1期)25話「ただそれだけの物語」でのサテラとエミリアの声が同じ。

これは冒頭の声優さんが同じ?と話題になった話と同じです。

ここで「サテラ=エミリア説」がネットで急浮上!

 

【疑惑その3】アニメ(2期)35話「地獄なら知っている」で、「嫉妬の魔女」サテラの顔がエミリアに似ている!?

アニメ2期でついに「嫉妬の魔女」サテラが直接スバルの元に現れます!

聖域に突如出現した嫉妬の魔女は、

「愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる・・」

ストーカー的な異常なまでのスバルへの執着。

 

最終的に、次のループへ脱出するためスバルは自害!

その際に、「あ!」と驚き悲しむ嫉妬の魔女。

死ぬ間際のスバルがローブを外して素顔を見ると、

なんとエミリアそっくりの顔!?

 

声と顔までそっくりのサテラに、

「エミリア=サテラ」説はさらに濃厚となりました。

 

【疑惑その4】アニメ(2期)38話「泣きたくなる音」で、サテラとエミリアが瓜二つ!?

アニメ2期前半のラスト、3回目の魔女の茶会で

「嫉妬の魔女」サテラを含む7人が全員集結!

その際に、スバルに自分を愛することへの大切さを問いかけるサテラ。

 

そして茶会の終わり間際、

「いつか私を殺しにきてね。」

切なそうな顔で口にした一言は、雰囲気も含めてエミリアそのものでした・・。

 

これは同一人物じゃないにしても、絶対に何か繋がりがある!

そう確信させる衝撃的な一シーンでした。

 

【疑惑その5】アニメ2期後半以降、エキドナ達とエミリアの過去から、「サテラ&エミリア親子説」が浮上!?

先程のエミリアが第1の試練に再挑戦する話。

ここではエキドナとエミリアの絡みが出てきますが、

その際に、なぜかエミリアに対して軽蔑するエキドナの反応。

そして、エミリアの母の存在についても知っている様子!?

 

また、エミリアの過去に魔女教が幼いエミリアを敬愛する様子から、

もしかしたらサテラはエミリアのお母さんの可能性も!?

これは6章ラストを読んでもいまだ明かされていない謎ですので、

7章以降に明らかになるまでのお楽しみですね♪

 

【疑惑その6】神龍ボルカニカとサテラは旧知の関係!?エミリアをサテラと勘違い!!?

これは小説25巻、6章の終盤に初登場する、

伝説の3英傑の1つ「神龍ボルカニカ」が意味深な発言をした内容です。

どうやらサテラとは旧知の関係であり、

なぜか対峙するエミリアをサテラと勘違いしているのです!

 

このことから「エミリア=サテラ」説、

または「エミリア&サテラ」親子説。

このどちらも仮説として成り立つことが予想されます!

 

【リゼロ】エミリアの関連グッズまとめ。

エミリア、売れ筋!人気フィギュア。

 

エミリア、売れ筋!人気コスプレアイテム。

エミリア、その他の売れ筋!人気グッズ。

【リゼロ 】エミリア &レムの関連グッズまとめ。

 

【リゼロ】エミリアの正体はやはり嫉妬の魔女「サテラ」?それともその関係者!?


小説25巻で第6章が完結したものの、

いまだエリオールの森の封印の話が回収されないままとなっています。

おそらく、この伏線が回収される頃には、

かなりエミリアの正体が明かされていくかと思われます。

 

そしてスバルと嫉妬の魔女サテラの深い関係性と、サテラとエミリアの関係性。

これはリゼロのストーリー全体において、

超重要なキーポイントであることは間違いないでしょう。

 

アニメ2期後半では、

今回の記事内容の細かい部分や、

ネタバレしきれていない部分がしっかりと描かれています!

ぜひぜひ、アニメ2期後半に合わせて見逃し視聴など、しっかりと復習してみてくださいね♪

 

Follow me!

****************

【無料】アニメを見逃し視聴したい!

****************

***************