【リゼロ】最新ストーリーまで面白い見所を一気にネタバレ!これを読めばリゼロの面白さがわかる!!

アニメ2期で第4章も終わり、

第5章以降はアニメ3期、4期とまだまだ続くリゼロ。

(原作者の長月先生の構想では、全11章の予定です。)

 

私はアニメ2期からリゼロにハマった一人ですが、

正直いってその奥深いストーリー、世界観は膨大すぎるほど・・。

 

そこで「アニメ2期」→「アニメ1期」→「映画」→「小説」と、

一気に1話~最新話まで見まくった管理人が、

 

その奥深いストーリー「第1章~最新話」まで、

なるべく最小限のネタバレに抑えつつ、

全ストーリーの流れや見所など、

分かりやすくお伝えしたいと思います!

 

Contents

「リゼロ」って何が面白いの?管理人がリゼロにめちゃくちゃハマることとなったキッカケは「死に戻り」!!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

リゼロの面白さの醍醐味は、

やはり主人公スバルだけに与えられた

チートスキル「死に戻り」によるもの。

 

全章に共通して何度も訪れる死の体験(ゲームオーバー)。

ゲームでは当たり前にセーブポイントまでリセットしますが、

リゼロの場合、そのゲームオーバーが生々しく、

それに伴う苦痛や葛藤などに苦しむ精神的な心の描写が特徴的です。

 

そういった葛藤を乗り越えながら、ただの引きこもりから成長していき、

絶対不可能な困難な状況を、何度もやり直しながら

最終的に乗り越えていくストーリー展開に、

どんどん引き込まれていきました。

 

実際にアニメや映画、小説も最新話まで見ている私が、

全章を通じて面白い!と感じたシーンについて

シェアしたいと思います。

 

<スポンサードリンク>

アニメ1期(第1章~第3章)1~25話。面白い!と感じた、見所のあらすじをネタバレ!!

第1章(1~3話)、第2章(4~11話)、第3章(12~25話)

アニメ1期は第1~3章で構成されています。

(第3章はアニメ2期のはじめ、26話で完結し、第4章に突入します。)

 

各章の見所、面白い!と思ったシーンについて触れていきます。

↓ ↓ ↓

 

「第1章:怒涛の一日目(1~3話)」

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

突如異世界に紛れ込んだ主人公のスバルは、

ヒロインのエミリアが徽章というアイテムを盗まれ、

その犯人を一緒に追いかける、というストーリー展開なのですが、

スバルによるオタクテンションがひどくて、

引きながら観ていた記憶があります^^;

 

ハッキリ言って1話の冒頭がつまらなすぎて、

見るのを止めようと思ったくらいでした(苦笑)

 

ネットの口コミで、

「ストーリー展開が面白くて深い!」

というコメントがなかったら、絶対に見てなかったと思います^^;

 

それでも見続けてハマるきっかけになったのが、

1話のラストシーン。

そう、初めての「死に戻り」です。

 

はじめての「死に戻り」による不気味さは、

正直言って異常でゾッとしました。

(BGMなど演出がまたその不気味さをよく表現されています。)

 

そして、2周目のスバルが偽名サテラを名乗ったエミリアに、

悪気なく「サテラ~!!」と呼びかけ、

禁句を周囲の前で言われたことに対し、

リセットされたことでスバルとの出会いがまだないので、

初対面の無神経な相手に、にらみつけるエミリア。

 

そう、私がリゼロにハマり始めたキッカケは、

こうしたリゼロの「異常さ」「不気味さ」

そういったミステリーな要素に惹かれていったことでした。

 

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

アニメ2期でガーフィールとの対決で盛り上がった、

エルザの初登場シーンもその異常さがすごいですよね(苦笑)

かわいいイラストの割に、けっこうグロい展開のリゼロ。

 

こういった不気味さとグロさが苦手な方は、

リゼロとの相性が悪いかもしれません。

ですが、そんな方でも、

ぜひぜひ最初は我慢して見続けて欲しい見所があります!

 

第1章は作者公認の最強キャラ、剣聖ラインハルトによってエルザを退くことに成功。

舞台はエミリア陣営の拠点、ロズワール邸へと移ります。

 

 

「第2章:激動の一週間」(4~11話)

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

第2章はエルザ戦で瀕死のスバルを、

エミリアがロズワール邸に保護したところからスタート。

 

舞台であるルグニカ王国の次代の王を巡る王選というものがあり、

その候補者の一人がエミリア。

スバルはそんなエミリアのピンチを助けた感謝から、

ロズワール邸で何も知らない異世界に適応するために、

執事見習いとして働きながら学ぶことに。

 

第2章の見所は、主要人物たちである、

レム、ラム、ベアトリス、ロズワールなどが一斉に登場し、

そしてレムがスバルに心を開くシーンまでの一連のプロセスでしょう!

 

なぜか5日目の朝に死亡してしまうスバルは、

その犯人捜しであれこれと翻弄する中、

レムによる疑いから殺されてしまうことも!?

 

誰にも「死に戻り」のことを理解されない、

事態を放っておくと5日以内に死んでしまうし、

レムには殺されてしまう・・。

 

どんどんメンタルをすり減らすスバルの様子を察したエミリアが、

膝枕で癒すシーンも泣けますね~・・。

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

その後、真犯人は森の魔獣であることが判明し、

魔獣によって村の子供たちが犠牲になる寸前でスバルが救出に成功!

 

しかしその代償として、スバルは複雑に絡み合った呪いにかかり、

魔獣をせん滅しないと命が助からない絶体絶命のピンチに、

レムが単身、森に突入!?

 

結果的に全員無事に助かってハッピーエンディングへ。

 

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

この一連の流れで、レムの心はスバルによって癒され、

スバルが大好きなヒロインとして、絶大な人気を誇る様になりました。

第1章で離脱した人は、ぜひ第2章まで観て欲しいですね~。

 

「第3章:再来の王都」(12~25話)

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

第3章は王都から招集をかけられた、

王選候補たちが集結するところから。

そこには残りの候補者として、

第1章にエミリアの徽章を盗んだフェルトの姿が!?

 

第1章のラストでラインハルトがフェルトを見て顔色を変えたのは、

実はあの瞬間にフェルトが王選候補であることが発覚したからなんですよね~。

 

この3章はハッキリ言って、見ていられないシーンが多く、

スバルのアホさ加減とか痛々しいですし、

展開もグロくて見ているこっちが病みそうになります^^;

 

死に戻りのことを誰かに告白すると、

聞いた相手が死んでしまう禁句であることが発覚!!

 

何回も何回もバッドエンディングを迎えては死に戻ってしまうため、

何もかも全て捨てて、逃げ出そうと決めようと思ったことも・・。

 

ですが、見所は精神が壊れたスバルがレムによって救われるシーン。

 

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

ここからどんよりした闇を這うような暗いストーリー展開から、

一気に光が差し込みだし、スカッとする展開へ!!

 

また、強敵ペテルギウスとの対決シーンもまた見所ですね!!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

インパクトが強烈なキャラ設定の

魔女教の大罪司教「怠惰」担当のペテルギウス。

なかなか倒すことも難しく、

ゲームで言う難易度がかなり高いボスキャラと言う印象です。

 

そんな強敵を何とか撃破したところで、アニメ1期もフィナーレへ!!

しかし第2章のようなキレイなハッピーエンディングで終わらせてくれず、

 

「レムって誰?」

このエミリアの発言による謎を残したまま、

アニメ2期に話が持ち越されます。

↓ ↓ ↓

 

<スポンサードリンク>

アニメ2期(第3章ラスト~第4章)26話~。面白い!と感じた、見所のあらすじをネタバレ!!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/

アニメ2期は第3章のラストをプロローグとして、

第4章に突入することからスタートします。

 

第3章よりも膨大なストーリーなので、

結果的にアニメ2期はまるまる第4章で完結します。

↓ ↓ ↓

 

第4章(前半):永遠の契約(26~38話)

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

アニメ1期の衝撃的なラストの続き。

「レムって誰?」

 

その真相は、強敵ペテルギウスと同じ魔女教の幹部、

大罪司教の「暴食」と「強欲」の襲撃にレムたちがあったこと。

 

その結果、「暴食」の権能によってレムは、

この世界から「記憶」と「名前」を奪われてしまい、

レムと言う存在が双子の姉であるラムですら認識できない程に・・。

 

しかしなぜか異世界召喚されたスバルだけはレムの存在を認識できる!?

(これはいまだ明かされていないリゼロの謎の一つ)

 

そんなことから、レムの記憶を取り戻すことを誓い、

ロズワール邸に戻るスバル達。

 

この第3章のラストシーンは、

今後の展開において超重要ポイントとなります!

(レムはしばらく長期離脱!)

 

魔女教の襲撃を回避するため、ロズワールの指示の元、

アーラム村の住人を引き入れて「聖域」へ避難していた。

 

そこで突如、第4章のキーパーソンである、

「強欲の魔女」エキドナに夢の中に招待されるスバル!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

第4章と言うか、全章のキーパーソンでしょうか?

400年前に生存していた魔女の1人で、嫉妬の魔女サテラに滅ぼされた1人。

 

今は魂だけの存在として、聖域に存在している。

やっぱりこの第4章はリゼロの中でも格別なんですよね〜・・♪

もうね、ドキドキの展開だらけなんですよ^^

 

そのための前提として、アニメ1期を見逃し視聴するなどして、

このアニメ2期(第4章)を楽しんで欲しいんですよね。

 

そしてスバルはエキドナより試練を受ける資格を得て、現実世界へ。

 

聖域ではロズワールが負傷していて、どうやら聖域の試練によるもの。

無資格者はペナルティとして罰が下る、とのこと。

(実はロズワールはあえてこのペナルティを受けている。)

 

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

聖域に亜人が入ると2度と出られない。

聖域は亜人たちの住処であり、

アーラム村の住人はエミリアが試練を受けるための人質。

当然、ハーフエルフのエミリアも同じ。

 

そしてこの試練は全部で3つあり、

それぞれ「過去」「現実」「未来」。

3つのテーマに対して挑戦者のメンタル的に嫌な部分をついてくるもの。

 

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

これに前半ではエミリアは一回もクリアできず。

過去のトラウマに大苦戦!!

(実はある絶対にクリアできない裏設定が後半に発覚!!)

 

一方、スバルがチャレンジしたら1つ目はクリアしたものの、

2つ目はエキドナに資格を没収されて強制終了!?

 

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

1つ目の試練でスバルの両親が登場しますが、泣けます。

 

前半の大きな見所は、

ロズワール邸にエルザたちからの襲撃にあい、

聖域ではガーフィールたち、聖域の住人たちの思惑と、

大兎という魔獣が襲撃にあう、と言うもの。

 

わずか数日間で同時にクリアしなければならない、無理ゲー。

これにはスバルも再び精神が崩壊しそうになる!!

 

そしてその黒幕が、意外な人物だった!?

さらに嫉妬の魔女を含む、7人の魔女が大集結!!?

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

まさかの嫉妬の魔女「サテラ」本人の登場!!

「愛している。愛している。愛している。・・」

完全にスバルのストーカーですね(汗)

 

エミリアの闇落ちシーンも半端なかったですね〜・・。

オットーもただの脇役と思ったら、大活躍するし♪

 

とにかくアニメ2期(第4章)はめちゃくちゃ面白い!!

 

第4章(後半):永遠の契約(39話~)

オットーの激によって、スバル再起!!

第3章ではその役割はレムでしたが、今回はオットー♪

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

この後半から泥沼のバッドエンディング続きから、

一気に光が差していきます☆

(展開としては第3章と同じ様な展開です。)

 

エミリアが過去を乗り越えるために、

それまで表に出れなかったパックとコンタクトを取れたスバルは、

同意の下、エミリアとの契約を解除することで

エミリアの過去の記憶を取り戻す流れがスタート。

 

ガーフィールもオットー&ラムの同盟コンビによって、弱体化させ、

最後はスバルとの一騎討ちに!!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

ここでパックを忍ばせた魔水晶でガーフィールのマナを奪い、

とどめの一発は、なんとペテルギウスの「見えざる手」!!?

(アニメ1期のラスト、怠惰の魔女因子はスバルに移っていました。)

 

ガーフィールはケンカに負けたことで、

過去を克服する様にラムにけしかけられ、試練の再挑戦。

ここで過去を克服し、身も心もエミリア陣営の仲間へ!!

 

エミリアも過去の強烈なトラウマと向き合い、

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

 

そしてリューズから400年前の聖域誕生の逸話を聞くことに。

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

各々、過去とけじめをつけた後は、現在の試練を乗り越えるのみ!!

 

・スバルはベアトリスの心の解放へ。

・ガーフィールはエルザの襲撃を防ぐ盾へ。

・ラム&パックはロズワールのエキドナへの執着から解放へ。

・エミリアは試練をクリアし、聖域の解放へ。

 

全ての戦いに勝利したエミリア陣営は、

最後の大勝負、聖域に襲撃する魔獣「大兎」とのバトル!!

 

新生コンビ「スバル&ベアトリス」そしてエミリアで協力して、

最後はベアトリスの最強陰魔法でこの次元から消滅に成功!!

 

こうして第4章はハッピーエンディングを迎える!!

 

一方、エキドナは密かにリューズの肉体に宿って復活を遂げる・・。

↓ ↓ ↓

 

<スポンサードリンク>

アニメ3期以降(第5章~最新話)面白い!と感じた、見所のあらすじをネタバレ!!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

アニメ1期から2期が始まるまで4年掛かりましたが、

3期が始動するまで今回はどのくらい経つのでしょうか?

できる限り、早く続きが観たいですよね^^

 

アニメ3期まで我慢できない方は、

先に小説を読んだネタバレを含む、面白い!と感じた見所をシェアします

 

第5章「歴史を刻む星々」(小説16〜20話)

 

王選候補、再び集結!

第4章でスバルはエミリアの正式な騎士として任命を受けてから1年後。

 

王選候補の1人、アナスタシアから招待を受けて

水門都市プリステラへ。

 

ここで第3章以来のそれぞれの陣営メンバーとの再会となり、

白鯨討伐の際に仲間意識も培われたことから、

まるで同窓会の様な印象^^

 

これはアニメ1期から観ている人にとっては、

懐かしい演出なのではないでしょうか?

 

しかしそこに魔女教の大罪司教が4人も一気に襲撃に!!

(憤怒・色欲・強欲・暴食の計4人。)

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

それぞれの権能の力によって、スバルは何度も死に戻りしますが、

しかし今回は15分前にリセットは勘弁して欲しいですよね(汗)

読んでいるこっちがハラハラします。

 

突然の襲撃に大ダメージを受け、立て直しへ。

白鯨の時と同様、再び陣営の垣根を越えて一致団結へ!!

 

大罪司教たちへの反撃開始!

 

5章のタイトルにある様に、

異世界召喚された人にしか分からない発見が

今回のキーポイントとなります。

(これは全ストーリーの要?)

 

それは大罪司教の名前が、どれも星座の名前に由来すること。

 

そしてその権能の力が、その星々の性質と似ていることから、

スバルはレグルスの不死身の秘密を解き明かし、

とうとうレグルスを倒すことに成功!!

 

と言うより、スバルが秘密を見抜けなかったら、

絶対に倒せない設定でもある。

なんせ、世界最強のラインハルトですら、

その性質から倒せないのですから!!

 

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

第5章では原作者の長月先生が公言している、

リゼロで最強キャラという意味がよく分かる無双っぷりも見所ですね♪

(第1章のエルザも、不死身の特性がなかったらあの一撃で終わっていたはず)

 

勝利の代償。問題解決のストーリーは6章に持ち越し!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

数人の大罪司教を打倒できたものの、

暴食を今回倒すことはできず、むしろレムと同じ様な眠り人が続出!

 

その他、こうしたダメージを受けました。

 

  • ユリウスも名前を奪われ、スバル以外からの記憶が抹消。
  • クルシュは色欲のカペラの呪いによって、回復魔法の専門家であるフェリスですら治せない状態に。
  • アナスタシアについていた人工精霊エキドナも、アナスタシアを守る際に人格を入れ替わって戻れなくなってしまう羽目に。

 

そんなエキドナの提案から、今回の襲撃による大ダメージを解決するために、

かつて嫉妬の魔女を封印した三英傑の1人、

賢者シャウラに会いに行くことに。

 

そこはルグニカ王国の誰もが辿り着けない、

賢者の塔と呼ばれる場所へ・・。

 

その他、

・ガーフィールの恋愛ストーリー、

・剣聖のアストレア家の因縁、

なども必見!!

↓ ↓ ↓

 

第6章「記憶の回廊」(小説21〜25巻)

 

前人未到の賢者の塔へ!

ストーリーは第5章の直後。

メンバーを厳選してそれぞれ賢者の塔を目指します。

<エミリア陣営>

スバル・エミリア・ラム・ベアトリス・パトラッシュ・レム・メイリィ

 

<アナスタシア陣営>

アナスタシア(精霊エキドナ)・ユリウス

ここで賢者の塔を目指す道において、魔獣の巣窟を通り抜けなければならないため、

アニメ2期(第4章)で捕虜になった、魔獣使いのメイリィを同行へ。

 

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/character/

意外なほど協力的なメイリィですが、

第6章でのスバルとの一シーンがまたいい演出なんですよね〜。

 

誰もが到達できなかった賢者の塔を目前にして、

ここで何度も死に戻りする羽目になるのですが、

特に、塔からの光の攻撃に大苦戦!

 

しかしそれもまた、スバルだからこそクリアできた設定。

 

というのも、賢者の塔から攻撃していたのが、

賢者シャウラと同じ名前だけど、

全然違うというハイテンションの女性。

 

どうやら、賢者シャウラの正体は

賢者フリューゲルとのこと!!

 

そう、第3章で白鯨を倒した際に使った大木の名前の人であり、

第4章で怠惰の魔女因子を取り込む際のジュース(ペテルギウス)が口にした名前。

それが「フリューゲル」

 

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

どうやらシャウラはその弟子であり、

400年前からずっと師匠であるフリューゲルに命じられて、

この賢者の塔を守り続けていた、とのこと。

 

そしてスバルをなぜかフリューゲルと同一人物だと思い込むシャウラ。

姿形は違えども、その匂いが同じだからこそ、

「目の前のスバル=フリューゲル」だと断言する。

 

それって、魔女の残り香!?

フリューゲルって嫉妬の魔女サテラと関わりが深くて、

やっぱり魔女教にも大きく関係していた人物!!?

 

この第6章では伏線が回収されるかと思いきや、

それと同時に新しい伏線も発生する、非常に面白い展開の章でもあります^^

 

そして賢者の塔に入ったら最後。

3つの試練が用意され、クリアするまで塔の外に出れない設定。

 

3つの賢者の塔の試練。

1つ目の試練。それは謎解き。

スバル以外のメンバーが何度頭を捻り出してもクリアできなかった問題ですが、

またもやスバルだからこそ読み解くことに成功!

 

それもまた、第5章のレグルス打倒と同じ状況で、

異世界召喚されたスバルにしか解けない前提の謎解きだったから!

 

賢者の塔を作ったフリューゲルもまた、

やはり異世界召喚者なのでしょうか?

 

どうやら異世界召喚と嫉妬の魔女との関係性は、

リゼロのストーリー上、重要な謎の一つなのかもしれません。

 

第1の試練をクリアすることによって、

死者の書を読める様になったスバルたち。

そこにはかつてこの世界に生きた人達の生き様が本となって読むことができ、

かつての魔女たちの生涯も本に記されていた。

 

続けて第2の試練には・・

なんと、初代剣聖レイドが待ち構えていた!?

 

伝説に伝わる人柄とは真逆の、非常に野蛮な発言・態度のレイド(苦笑)

それに対する騎士のユリウスの動揺っぷりはかなり面白いですw

 

真っ向勝負をすると全く勝ち目がない、最強の剣士の力。

しかしエミリアだけが女に弱いレイドの隙をついて、第2の試練をクリア!www

 

ところがその先を行くためには、一人一人が試練をクリアしなくてはならず、

他のメンバーの攻略法が全く糸口も見つからないまま時間だけが過ぎる・・。

 

そんな中、あることを閃いたスバルは1人、死者の書を読みに向かい、

気を失ったスバルがメンバーの前で目を覚ますと・・

 

なんと、スバルの記憶がコンビニから異世界召喚された直後にリセット!?

 

記憶を失ったスバル。そして暴食の大罪司教の襲撃!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

記憶を失ったスバルに困惑するメンバーたちと、当の本人も困惑するシーンは、

読んでいるこっちが痛々しく思える描写が多いです(苦笑)

 

そして身内に殺され、犯人探しのミステリーの展開も!?

 

さらになぜか暴食の大罪司教が賢者の塔に、

大量の魔獣を引き連れて襲撃に!!

 

この状況を打破するきっかけは、やはりスバル。

記憶を失ったスバルは、死者の本で何度も死に戻りされた、

何冊もの自分の生き様を読み漁り、記憶のギャップを埋めていく。

 

すると、シーンは白い世界に変わって、

死んだ人の魂が浄化される記憶の回廊と呼ばれる世界。

そこには記憶をなくす前の、今までのスバルがいた!?

 

スバル復活!第3の試練には神龍ボルカニカが!?各々の決着!!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

どうやらスバルが記憶を失った原因は、

第2の試練である初代剣聖レイドの攻略法を探るべく、

1人死者の本を読んでいた時のこと。

 

なぜか試験官として再生されたレイドの本を読んだイレギュラーなのか、

直接意識を持った状態で、この記憶の回廊に迷い込んでしまった様子。

そしてそこには、暴食の3兄弟の末っ子、ルイがいた!!

(暴食は実は、3兄弟でそれぞれ特性が違う)

 

正直、このルイとスバルの経緯が何回読んでもあまり頭に入ってこないのですが、

どうやらこの記憶の回廊でスバルの記憶を喰ったものの、

その一部しか喰えない疑問と、そして「死に戻り」の権能を知り、

暴食としての欲望がヒートアップ!!

 

自身の分身を生み出し、そいつに偽スバルとして送り込み、

最終的に記憶の回廊にいるルイ本体と統合させ、

「死に戻り」の権能を自分のものにする。

そんな計画だった様子

(間違っていたらごめんなさい。)

 

しかし、スバルの「死に戻り」の記憶が恐ろしすぎて、

スバルに対する生理的な拒絶反応を覚えたルイ。

 

結果的に、ルイの計画は失敗に終わってスバルは記憶を取り戻して、

現実に無事に帰還!

 

記憶を取り戻したスバルは、

すでにルイが兄たちに居場所を教えたため、賢者の塔に襲撃!

外部からの襲撃にシャウラが応酬し、そしてルール違反のためか、

地震がサソリとかしてその場にいる全員を襲う魔獣と化す!?

 

そんなドタバタの状況にスバルはカムバックし、

すぐさまレグルスから継承した権能で、

みんなの居場所を把握できる上に、負担すらも受け持つことに。

その権能によって、ラムは角あり状態の真の力を一時的に発揮!

 

その真の力で暴食の1人を圧倒。

最終的にはレムとの双子の共鳴反応を発揮させ、

レムにその負担を預けて真の力で撃破!!

 

さらに、

ユリウスは初代レイドに一撃を与え、第2の試練をクリア!

さらにエミリアは第3の試練に一足先に向かい、そこに待ち構えていたのは、

 

なんと神龍ボルカニカ!?

 

魂の抜け殻の様な、何か様子がおかしいボルカニカの攻撃を潜り抜け、

第3の試練をクリアに成功!!

こうして賢者の塔は解放され、シャウラもまたその役割を終えて消えていった・・。

 

各々、試練をクリアしてホッとする束の間、

なんと嫉妬の魔女サテラの闇が世界を覆う!?

 

これはルイが「死に戻り」を知ってしまったペナルティ!?

それに対して、神龍ボルカニカの攻撃によって闇を払うものの、

そこにはスバルとレムの姿はなかった・・。

 

目が覚めると、そこには起き上がるレムの姿が。

感動の瞬間。レム、アニメ1期(第3章)以来の復活!!

↓ ↓ ↓

第7章「狼の国」(小説26巻〜)

↓ ↓ ↓

 

舞台は南の申請ヴォラキア帝国へ!

嫉妬の魔女の闇に包まれ、姿を消したスバルとレムは、

どこか見知らぬ森で目覚める。

そしてなぜか記憶の回廊だけにしか存在できない暴食のルイも!?

 

ベアトリスとラムの能力によって、ルグニカ王国の南、

神聖ヴォラキア帝国に飛ばされた可能性が高い!

 

まるで赤子の様なルイと記憶がないレム。

スバルはルイに対する憎しみから粗雑に扱う態度から、

レムはスバルに対して信用できない、と締め落とす!?

 

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

(これにはさすが長月先生!と思わず笑ってしまいましたw)

 

狩人に殺さていきなり死に戻りし、

顔を隠した謎の人物に襲われるものの、

味方となりレムへの手掛かりとナイフを渡してくれる。

 

そしてレムによる逃げながら罠を仕掛ける有能ぶりに驚きながら、

なんとか追いつくものの、指を折られたり散々な目に(苦笑)

 

森の狩人に襲われ、魔獣に襲われ、

最終的には大河にダイブして脱出!!

 

目覚めた先は、ヴォラキア帝国の軍のテント。

捕虜となり、帝国の兵士であるトッドに助けられながら、

なんとかルグニカ王国に戻る術を探ろうとする。

 

しかし魔獣がいると知ると、森の狩人も含めて焼き払うことを決行!

森の狩人に復讐され、死に戻りした後は、帝国を警戒するスバル。

 

今度は森に帝国を誘導して、自身の魔女の残り香を利用して魔獣をおびき寄せ、

脱出を敢行!!

しかし罠にかかって目覚めると、

そこにはナイフを貸してくれた謎の男が!?

 

シュドラクの民の試練。そして元皇帝との国取り合戦へ!

 

森の狩人たちの正体は、

女戦士集団「シュドラクの民」

ここの掟に従い、同族として認められる試練に挑み、

瀕死の末、なんとか試練をクリアしたスバルたち。

 

そしてシュドラクの民による猛攻で帝国を退け、

レム を救出することに成功!!

 

瀕死のスバルを救ったのはレムによる回復魔法。

自分の記憶もないレムは、なぜこれほど身を挺して想ってくれるのか分からないものの、

スバルに対する信頼を少しだけ取り戻せた一連の出来事。

 

そして謎の男の正体は、

元皇帝「ヴィンセント・アベルクス」!!

(王族争いの勝者であり、ルグニカ王国の王選候補のプリシアの兄でもある。)

 

最新話は第7章!続きが発表され次第更新します!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

 

第7章もいきなり大変な目に合うスバルですが、

その「死に戻り」による力を使って絶体絶命のピンチを乗り越え、面白そうな展開に!!

 

全11章の完結編まで、まだまだ先は長いリゼロ。

今後の展開が楽しみでしょうがありません!

 

最新話が更新されるごとに追記していく予定です。

途中で離脱した方も、よろしければ時折こちらの記事をチェックして、

アニメを見逃し視聴したり、小説を読み直すキッカケとなれば幸いです。

 

Follow me!

****************

マンガ版「氷結の絆」が【基本無料】で読める!

****************

***************