【リゼロ】ロズワールの強さ、目的、その正体についてネタバレします。

2020年9月22日

アニメ「リゼロ」。第2期がスタートし、

その内容は第4章「永遠の契約」のストーリーが進行中です。

 

その中でもアニメ1期から登場していたロズワールという、かなりうさん臭いキャラですが、

アニメ2期ではその腹黒い一面が少しずつ明かされています^^;

いったいロズワールとは何者で、その正体や目的とは何なのでしょうか?

 

この記事ではそんなロズワールの強さなども含め、ネタバレも含めてシェアしています。

ロズワールのことを知りたい、興味ある人はぜひチェックしてみてください♪

↓ ↓ ↓

 

<スポンサードリンク>

【リゼロ】ロズワールとはどんな人物?

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/character/

ロズワールの強さはどのくらい?

原作者である長月達平先生が回答した、

「登場キャラクターの強さランキング」というものがあります!

それでいうと、Aランクの強さ。

 

ちなみに一番最強が、

SSSランクの剣聖ラインハルト。

(この最強っぷりは第5章、おそらくアニメ3期で明らかになります。)

 

次のSSランクが「嫉妬の魔女」「初代剣聖レイド」

Sランクは「(角あり)ラム」「真のパック」

その次に強いAランクにロズワールが入っています。

 

Aランクの強さは、たった一人で軍隊に匹敵する戦力。

ロズワールはリゼロの世界では最強ではありませんが、

それでも「ルグニカ王国の筆頭宮廷魔導士」です。

「魔導の加護」の持ち主で、全ての魔法の適性がある魔法のエキスパート。

ロズワール一人で、ひとつの軍隊に匹敵する戦力を持っていると言われています。

 

むしろそれより強い、Sランク以上のキャラクターがどれだけ強いのか!?という話ですよねw

↓ ↓ ↓

 

<スポンサードリンク>

【リゼロ】ロズワールの目的とは?(ここからネタバレ)

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

ロズワールの目的こそ、アニメ2期の核心であり、

リゼロのストーリー第4章の核心でもあります。

それはずばり「強欲の魔女エキドナの復活」です!!

 

今は魂だけの存在として聖域に存在しているエキドナですが、

その魂を現実に蘇らせれることが、メイザース家の悲願でもあります。

 

それではなぜメイザース家の悲願がエキドナの復活なのでしょうか?

そもそも、メイザース家とエキドナの関係とは何なのでしょうか??

ロズワールとは一体何者なのでしょうか???

 

<スポンサードリンク>

【リゼロ】ロズワールの正体とは「○○と同一人物!?」

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

ここもアニメ2期、第4章の核心です。

ずばり、ロズワールの正体とは、

400年前に存在した、初代メイザース本人なのです!!

 

なぜ400年以上前の人物が今も生きながらえているかというと、

初代メイザースは魂そのものを転移させる魔法を完成させ、

子孫を作っては魂を転移させ続けて精神だけが生き続けている。

それがロズワールの正体なのです。

 

なぜそんなことをしてまで生き続けようとするのか?

それこそがエキドナの復活、という悲願があるからです。

 

ロズワールとエキドナの関係性に、ロズワールの目的が隠されている。

なぜここまでロズワールがエキドナの復活に執着しているかというと、

それはロズワールの魔法の師匠がエキドナ本人であり恩師でもあるからです。

 

若い頃の初代メイザースだった頃の時代、

膨大なマナを消費きれないロズワールの体質は原因不明の体調不良を起こし、いつも苦しんでいました。

しかしそこにエキドナが登場し「かつての自分もそうだった」

と告げてディープキス(!?)を交わして回復させます。

 

この時の衝撃的な体験から、身も心もエキドナを信望する様になったロズワール。

エキドナを師事する様になり、メキメキと魔法の才能を花開かせて行きます。

 

メイザース家の秘伝の書に、ロズワールの目的を達成する方法が書いてあった。

エキドナの亡き後、実はエキドナがロズワールとベアトリスに遺した、

魔女教の福音書の上位版「叡智の書」が世界で2冊だけあるのですが、

そこにはこの世界の未来が正確につづられています。

 

実は、その予言の中にエキドナの復活が書かれているのです。

 

その復活のために必要な全てのプロセスをロズワールは忠実に再現し、

敬愛する師匠をこの世界に蘇らせることを悲願とし、そのためなら手段は選ばない。

それこそがロズワールの目的そのものであり、

今までの不可思議な言動の本心でもあります。

 

そして「叡智の書」に書かれている通りに、

実は今までの事件もロズワール自身が引き起こした黒幕であったことを、

アニメ第2期、第4章の後半で暴露されます。

↓ ↓ ↓

 

【リゼロ】ロズワールが黒幕だった数々の事件。全ては1つの目的のためだった。

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

ロズワールは「叡智の書」の予言通りに、王選候補であるエミリアを見つけます。

そして第1章の第1話。

スバルが登場することが予言で知っていたため、

エミリアとスバルを接触させるために、

エルザにエミリアの徽章を盗む様に依頼したのもロズワール。

 

そう、エルザにアニメ第2期、第4章でロズワール邸を襲撃する様に依頼したのも、

実は黒幕はロズワールだったのです。

それも全ては、スバルがエミリアの騎士として成長させるためのもの。

 

そしてスバルがこの世界をやり直す力があることも、

叡智の書を通じて知っていたのです。

(死に戻りという手段までは知らない様です)

 

だからこそ、アニメ1期(12〜25話)、第3章で

スバルがクルシュ達と同盟を結ぶことを期待していたのも、

全ては叡智の書にそう書かれていたから。

 

だからこそ、ロズワールはスバル達に任せ、

自分は放置して聖域に向かう決断をしたのです。

 

しかしアニメ1期の第2章(4〜11話)の黒幕は、ロズワールではない。別な黒幕が存在します。

まだその黒幕までは不明です。

 

【リゼロ】アニメ2期(第4章)は「ロズワールvsスバルの戦い」でもある!!

出典:http://re-zero-anime.jp/tv/story/

いかがだったでしょうか?

ロズワールの本性、その目的など大体分かったのではないでしょうか?

詳細はぜひアニメ第2期を順番にご覧になって頂ければと思います^^

 

また、アニメ第2期(第4章)はこのロズワールの正体や目的が分かったところで、

スバルはロズワールの思惑を超えた未来を示し、切り開いていくストーリーになっていきます。

 

そう、アニメ2期の真のラスボスはロズワールであり、

「スバルvsロズワール」の戦いでもあるのです!!

 

どう戦っていくのか?

またどんな苦悩や困難、そしてどう解決しながらストーリーが展開していくのか!?

そしてエキドナの復活はいかに・・!!?

 

アニメ第2期(第4章)は、アニメ1期で未回収だった伏線も回収される、

超面白いストーリーですので本当に必見です!!

 

ぜひぜひ、見逃した方はアニメ1期から追いかけて、

アニメ2期を今からでも遅くないので楽しんでいきましょう♪

↓ ↓ ↓

 

Follow me!